カテゴリー
海外カルチャーと日本文化の違い

海外のお風呂事情 子供と一緒にお風呂に入らない?子供と一緒に寝ない?

海外、特にヨーロッパ、アメリカの文化と日本の違いかもしれません。
その違いのひとつは、親が子供と一緒にお風呂に入るかどうかです。
妻と一緒に映画トトロを見たときにこの違いを発見しました。映画トトロでたしかお父さんとサツキとメイがお風呂に入るシーンがありましたよね?
そのシーンを観て驚いたそうです。なんであの年頃の女の子がお父さんと一緒にお風呂に入っているのか?妻に聞いてみるとお父さんとお風呂に入った記憶が無い、裸を想像したくはないとのこと。
日本人なら普通にスルーする、いや、家族団欒ほのぼのするシーンですよね?まあ日本のお風呂と欧米のお風呂の構造上の違いもあります。
日本だと湯船から出てお風呂場で体を洗うことが出来るけど、欧米だと出来ない構造です。
それよりも、3歳ぐらいから一人でお風呂場でシャワーを浴びたりさせるようです。はじめはお母さんの補助がいるそうだけど。
このとき、お母さんは服を脱がず補助をするそうです。ちなみに妻に聞いたらお母さんの裸を想像するだけでも嫌だとか。
日本のようにお風呂で裸の付き合いというのはありえない文化なんだなあと思いました。
ココで私が言っているのは、文化のレベルの上下を言っているんじゃなくてあくまでも違いについてですよ。
なんかもう親子で裸でお風呂に入るのは、犯罪レベルに思っている勢いです。 日本人としてなんだか複雑な気分です。
まあでもサツキの設定された年齢で父親とお風呂に入るのもどうかと思うけど。

海外と日本の違い 子供と一緒の布団に寝ない?

あと違いといえば子供と寝床を一緒にしないということです。布団で親子で川の字になって寝るというのを聞いたことがありません。
もう生まれて病院から退院して家に戻ってきてからすぐに子供用のベットに寝せています。
郷に入りては郷に従えで、妻のいうとおりにしていますが、そんな違いがあるんだなあと思いました。
理由は親子で一緒に寝ている最中、寝返りをうったら子供が危ないとか。
経済的に余裕がある人は子供の部屋と親の部屋を分かれさせるようです。
私のところはそんな余裕が無いので同じ部屋に子供用のベットを置いて寝かしています。

カテゴリー
海外カルチャーと日本文化の違い

海外文化と日本文化の違い イースターとは?街は卵やうさぎがいっぱい

日本では見られず海外、特にヨーロッパやアメリカで見られる文化行事のひとつといえば復活祭と言われるものでしょう。
英語でイースターです。各国語で言い方が違います。
ドイツ語だとオステルン、ポーランド語だとヴィエルカノツなど。この復活祭はなんなのかというと、キリスト教に関係ある行事です。
イエスが十字架にかけられて死んでから3日後に復活したとされるその日を祝うものだそうです。
復活祭は日曜日なのですが、この復活祭は何月何日と決められているわけでなく、毎年変動します。
基本的に春分の日のあとの最初の満月の次の日曜日だそうです。
しかも宗派によって算定方法が違うので、私から見るとややこしいです。
この復活祭の前から街のお店には卵やウサギのチョコレートが並びます。
初めてドイツに来たときはなんで卵が置いてあるんだろうといつも不思議に思いました。
しかも色とりどり、というか毒々しい色に塗られた卵が並んでいました。
この卵は四旬節に節制される食品で復活祭に食べてもいいといわれています。
四旬節とは46日前の水曜日から復活祭の前日までの期間で、この期間は一定の食べ物が制限される習慣です。
この期間も宗派によって解釈や期間の算定方法が違いますね。
(この現代で節食を守るのはなかなか難しいですし、あまり守っている人を見かけないような気がします。)
復活祭の時期は、変動するのでこの時期に旅行に出かける人や出張に出かける人はチェックしておいた方がいいですね。
というのは、どこもお店が閉まってしまうからです。
復活祭の前日の土曜日は午前でお店が閉まるし、日曜は完全閉店、月曜日も閉店のお店が多いです。
カトリック宗派の多いポーランドの復活祭の風景ですが、土曜日に籠を持った多くの人が教会に向かっています。
復活祭に食べるご馳走、料理を籠に入れて教会でお清めしてもらうようです。
この籠に食べ物を入れて教会に行くイベントにもちょっと醜い人間のサガが表れた行動をする人がいるようです。
そのような小話はメルマガでお伝えしたいと思います。
一言にキリスト教といっても宗派によって若干違う行事の復活祭。いろんな国でその違いを観察するのも面白いですね。

カテゴリー
海外移住する前に準備すべきこと、知っておくべきこと

日本人が海外で就労できる条件とは?就労ビザについて

日本人がヨーロッパのEU加盟国で働きたい場合の滞在許可には、一定の条件がある様です。
それは日本人でなければ出来ない仕事に限るということです。
初めてヨーロッパで働く人はこの条件を満たさないと滞在許可が下りません。
なので入国して1年目から、ドイツのビール屋で働きたい、フランスのワインショップで働きたいといっても無理です。
何か日本人でなければダメな理由を挙げなければなりません。
だいたい5年くらいすると自由に職種を選べる滞在許可に変更できるのですが、
ここでは初めてヨーロッパで働く人に関して話したいと思います。
要は自分らの国の人の雇用機会を脅かしてまで外国人を滞在させる訳にはいかないと言うことです。
他の記事でも書きましたが、その国にとって何かメリットが無いと滞在させてもらえません。
そこで日本人で無ければならない仕事というと既に進出している日系企業に就職すること、
日本食レストランの調理師や日本人相手の美容師など。日本食レストランの接客業もそうですね。
なぜかというと日本人調理師とのコミュニケーションでやはり日本人が必要だからという考えのようです。
労働のための滞在許可でおりやすいのは、このような職種でしょうか。
ところで就労ビザとか言われますが、正確にはビザという言葉に関しては使い方が違う様です。
ビザとはその国に入国するための許可のことです。なのでビザと長期滞在許可とは違います。
就労ビザとは、現在ほとんどの外国では日本人に当てはまらない言葉なのではないでしょうか?
なぜかというと、例えば外国人が日本で働きたいといった場合、
日本に入国するためのビザを自分の国の日本大使館に往復して取って初めて日本に入国できるのです。
入国するまでがすごい大変なんです。日本人以外は。
日本人だとほとんどの国でビザが免除されているので日本のパスポートを見せるだけで入国できてしまいます。
コレがどんなにすごいことか、海外で住み始めてやっとわかりました。
日本のパスポートに関しても他の記事で話したいと思います。
日本人がヨーロッパで働きたいと時も、観光で入国してそのまま長期滞在の申請の手続きをすることが出来ます。
ドイツで中国人の知り合いがいたのですが、日本人の手続きの簡略さに羨ましがられました。
他の記事で観光ビザについて話したいと思います。