カテゴリー
海外移住する前に準備すべきこと、知っておくべきこと

日本人が海外で就労できる条件とは?就労ビザについて

日本人がヨーロッパのEU加盟国で働きたい場合の滞在許可には、一定の条件がある様です。
それは日本人でなければ出来ない仕事に限るということです。
初めてヨーロッパで働く人はこの条件を満たさないと滞在許可が下りません。
なので入国して1年目から、ドイツのビール屋で働きたい、フランスのワインショップで働きたいといっても無理です。
何か日本人でなければダメな理由を挙げなければなりません。
だいたい5年くらいすると自由に職種を選べる滞在許可に変更できるのですが、
ここでは初めてヨーロッパで働く人に関して話したいと思います。
要は自分らの国の人の雇用機会を脅かしてまで外国人を滞在させる訳にはいかないと言うことです。
他の記事でも書きましたが、その国にとって何かメリットが無いと滞在させてもらえません。
そこで日本人で無ければならない仕事というと既に進出している日系企業に就職すること、
日本食レストランの調理師や日本人相手の美容師など。日本食レストランの接客業もそうですね。
なぜかというと日本人調理師とのコミュニケーションでやはり日本人が必要だからという考えのようです。
労働のための滞在許可でおりやすいのは、このような職種でしょうか。
ところで就労ビザとか言われますが、正確にはビザという言葉に関しては使い方が違う様です。
ビザとはその国に入国するための許可のことです。なのでビザと長期滞在許可とは違います。
就労ビザとは、現在ほとんどの外国では日本人に当てはまらない言葉なのではないでしょうか?
なぜかというと、例えば外国人が日本で働きたいといった場合、
日本に入国するためのビザを自分の国の日本大使館に往復して取って初めて日本に入国できるのです。
入国するまでがすごい大変なんです。日本人以外は。
日本人だとほとんどの国でビザが免除されているので日本のパスポートを見せるだけで入国できてしまいます。
コレがどんなにすごいことか、海外で住み始めてやっとわかりました。
日本のパスポートに関しても他の記事で話したいと思います。
日本人がヨーロッパで働きたいと時も、観光で入国してそのまま長期滞在の申請の手続きをすることが出来ます。
ドイツで中国人の知り合いがいたのですが、日本人の手続きの簡略さに羨ましがられました。
他の記事で観光ビザについて話したいと思います。

カテゴリー
海外移住する前に準備すべきこと、知っておくべきこと

海外に滞在するための方法とは?留学?就労?ワーホリ?結婚?

海外で働くということは、当たり前のことですが、貴方は外国人の扱いになります。
外国人なので勝手にその国に長く住むことはできません。
なので長く住む方法にはいくつかありますが、そのためにその国に何かメリットが無ければ長く住んでも良いという許可はおりません。
海外に長期滞在する方法はいくつかあります。
ワーキングホリデーを使ったり、学生として研修生として滞在許可を申請する方法、
投資家として滞在する方法、その国の人と結婚する方法、そして労働のためなど。
学生や研修生として外国に滞在するのは比較的簡単に取れる許可証です。なぜならお客様だからです。
学校に多額の入学金、学費を払うのですからその国にとってはメリットです。
投資家は資本金がどこの国もだいたい1000万円以上が相場のようですね。
つまり、それくらいのお金がその国に持ち込まれるメリットがありますよね。
その国の人と結婚する方法は、相手と同等の人権が与えられます。
ただお相手の人の国が豊かな国であればある程、偽装結婚の可能性の疑いが出てくるので、
滞在許可を得るには手続きの上で、いろんなハードルを乗り越えなければなりません。
そして労働の許可についてですが、
働いてその国に税金や年金、保険料を納めるのですからメリットがありますよね。
海外に住むといっても厳しい現実が待っています。
常に働いて何らかの対価をその国に提供しないと滞在の許可をくれません。
楽に生きたいなら日本の方が良いと思います。便利ですし、治安が良いですし。(^-^)
ここで就労ビザについてのお話です。
私はドイツやポーランドでしか働いたことが無いので、EUのルールについてしかわかりませんが、
日本人がEUの加盟国で働いて生活しようと申請する場合、一定の条件がある様です。
この条件についてはまた他の記事で言いたいと思います。