海外の文化の違い 公共の場での男女のハグとかキスとか

海外の文化の違い 公共の場での男女のハグとかキスとか

海外の文化の違い 公共の場での男女のハグとかキスとか

海外、特にヨーロッパについてだと思うのですが、文化の違いを感じたことのひとつは、ハグやキスについてです。

 

 

 

公の場でもハグするのを見たとき私にとってはちょっと驚きでした。久しぶりにあった友人同士、再会の意でハグするようです。

 

 

 

長い付き合いの友人が遠くに行って離れる予定になる場合もハグしていました。

 

 

 

会社の同僚どうしでも朝、出勤したら男女で、ほっぺにキスをしているのを見たときは文化が違うんだなあと思いました。

 

 

 

男同士では出勤前にキスなんかしないですが、女性同士ではほっぺにキスしあったりしています。

 

 

 

公共の場での男女のキスもビックリしました。ドイツに住んでいたとき、

 

 

 

交差点で信号待ちをしていると男女のカップルがキスし合っています。

 

 

 

その人たちはラブラブのカップルなんだなあと思っていると、次に見るカップルも、他の人も、頻繁に見かけるようになりました。

 

 

 

これが普通のようですね。おじいちゃんとおばあちゃんがキスしているのを見たときは、なんだか微笑ましかったです。

 

 

 

でもこの行動はヨーロッパだけのものなのでしょうか?というのもある時アメリカのコメディ映画を観たとき、

 

 

 

主人公がヨーロッパに旅行に行くのですが、公共の場で、チュッチュ、チュッチュ、キスをしている風景をパロディにしていました。

 

 

 

アメリカではヨーロッパほど公共の場でキスをしないのでしょうか?わかりません。

 

 

 

あとは違いに気づいたのは家族同士のハグです。まあ、日本ではたいがいの人は親とハグしたりしないですよね。

 

 

 

いい歳になったら。でもヨーロッパでは何歳になっても親子でハグが普通のようです。

 

 

 

大人になった大の男がお母さんと違和感なくハグしているのを見て、文化の違いなんだなあと思いました。


スポンサードリンク


page top