海外カルチャーと日本文化の違い 握手の文化、マナー

海外生活の挨拶の基本、握手の文化、マナーとは?

海外生活の挨拶の基本、握手の文化、マナーとは?

海外では挨拶の基本は握手ですね。

 

 

 

特にヨーロッパやアメリカだけというわけでなく、他の国も挨拶の握手が基本だったと思います。

 

 

 

そうなると、友達や知り合いとあって挨拶するとき、握手しない文化って日本独特なのでしょうか?

 

 

 

そういえばタイもあまりしなかったような。

 

 

 

韓国やフィリピン、フィジー、オーストラリアにも行きましたが、みんな挨拶はいつも握手でしたね。

 

 

 

ヨーロッパで生活を始めるまで握手なんてこと、そうそうしたことが無いので、わからなかったですが、

 

 

 

自分なりに気づいた握手のマナー、今更聞けないような握手の基本的なマナーをお話します。

 

 

 

基本的には、知人、友人と仕事であったり、道であったら、いつも握手をします。

 

 

 

別れるときも握手をします。

 

 

 

たまに普通の握手ではなく、腕相撲の様な手の組み合わせ方で握手をします。

 

 

 

冬なんか特にそうですが、手袋しているときは、手袋をはずして握手します。

 

 

 

目上の人が手袋なんか脱がなくていいよと言ったら、そのままで握手しますが、

 

 

 

これは知り合った間柄の関係性に言えるでしょう。

 

 

 

外を歩いている時、知り合いにあって握手をしますが、

 

 

 

その知り合いが友人と一緒にいると、その友人とも握手します。

 

 

 

これは最近の行動と思われますが、例えば、作業をしていて手が汚れている時、

 

 

 

握手をするのは相手の手を汚すし、ためらってしまいますよね。

 

 

 

そんな時、手をグーにして拳と拳をタッチさせます。別れるときも同様に手が汚れていたらグーでします。

 

 

 

これはその時の状況によりますね。


スポンサードリンク


page top