海外生活につきもの。孤独感を楽しみにかえるには?

海外生活につきもの。孤独感を楽しみにかえるには?

海外生活につきもの。孤独感を楽しみにかえるには?

海外生活につきものなのは、孤独との闘いです。

 

 

 

日本人コミュニティが出来ている都市だと、外国語が出来なくても日本語だけで生活できてしまいますし、

 

 

 

休みの日は、日本人と遊びに出かけるのも行きぬきになります。

 

 

 

ただせっかく出来た日本人の知り合いも日本に帰国してしまうことも、よくあることです。

 

 

 

海外現地の人と話すとなると言葉の壁は大きいですね。

 

 

 

やはり深いレベルまでしゃべれないと、現地の人と会話に入っていけないですし、孤独感を感じることもあります。

 

 

 

勉強し続ければ時間が解決すると思いますが、この孤独を味わう時がくるというのを海外で働いて生活する時は

 

 

 

覚悟しないといけないですね。

 

 

 

みんなが笑っているジョークのテーマでも言葉がわからないと、

 

 

 

例えばその背景にあるテレビや映画を観ていないと一緒に笑えないです。

 

 

 

働きに出ている人はまだ孤独感がまぎれるかもしれませんが、

 

 

 

働いていないと人によってはまたいっそう孤独感を感じてしまうと思います。

 

 

 

例えば、旦那の海外出張で海外で生活し始める奥さん、海外の人と国際結婚して現地で生活する方など。

 

 

 

近所付合いといっても言葉が出来ないとなかなか難しいです。

 

 

 

日本人や日本語ができる現地の人を探すのも難しい状況です。

 

 

 

海外で生活するとしたら働くというのは、日本以上に強く意識するテーマだと思うのはこれがその理由のひとつです。

 

 

 

私も日常生活で日本語を使えないというのが、はじめはきつく感じました。

 

 

 

お金もそんなに無いので日本に簡単に帰れません。日本に逃げられない状況です。

 

 

 

自分の選んだ道なので受け入れていくしかないです。言葉ができるようになると少しずつ状況は変わっていきます。

 

 

 

人間みんな孤独なのは、日本にいても世界中どこにいても同じだと思います。

 

 

 

その孤独を紛らわせるために暇つぶしの趣味を開発してきたのでしょう。

 

 

 

今はネットで日本にいる人とパソコンを通してだったり、スマートフォン、携帯電話を通して簡単につながれるだけでなく、

 

 

 

世界各地にいる人ともつながれます。

 

 

 

簡単に個人でブログを開設できるし、ブログのネタ探しに現地の写真を撮ってアップロードしたりとか、

 

 

 

それを見たいという人もいるはずです。

 

 

 

そうしているうちに、現地を歩き回るには最低限の言葉も覚えないといけないですし、

 

 

 

現地の人との交流が増えてくるでしょう。

 

 

 

まあこれは一例で、孤独感に悩んでいる方はとにかく外に出て異文化の違いの発見を楽しんだ方がいいですね。

 

 

 

もしかしてその孤独感を味わえる期間も長い人生で見たらほんのちょっとのわずかかもしれません。

 

 

 

それならそれは貴重な時間ですよね。


スポンサードリンク


page top