海外の生活方法 ポーランドで健康保険証カードの申請方法

ポーランドで健康保険証カードの申請方法はどこで行う?

ポーランドで健康保険証カードの申請方法はどこで行う?

ポーランドでの健康保険カードの作成申請方法を紹介します。

 

 

 

会社に勤務している場合、会社が労働者の代わりに健康保険料を納めているので医療費は無料です。

 

 

 

ただ個人の医療費の使用料は月ごとに限度があるようです。

 

 

 

病院で治療を受けるとき、保険証カードを出せば、無料で治療を受けられます。

 

 

 

でも薬はタダではないので結局病気になるとお金がものすごいかかります。

 

 

 

初めて健康保険カードを作る場合は各自治体のNFZという機関に行きます。

 

 

 

そこで個人のIDカードとRMUAという書類かZUS ZUAという書類を提出すれば、その日のうちに作成してくれます。

 

 

 

RMUAかZUS ZUAの書類は雇用者からもらます。そしてその書類に雇用者のサインと会社の印鑑を押します。

 

 

 

個人のIDカードにあるPESELという個人番号で自分がどの会社に所属しているか職員がわかるのですが、

 

 

 

現在勤めている会社の契約書を一応持っていったほうが無難です。

 

 

 

配偶者の保険は夫が働いていれば適用されるとの事です。

 

 

 

配偶者の保険証を取得する際の手続きもお話します。

 

 

 

NFZという機関に行きます。 窓口でZUS ZCNAという申込書をもらいます。

 

 

 

ネットからでもダウンロードできるので 可能な方は手間が省けると思います。

 

 

 

その申込書に配偶者の名前やPESELという個人番号を記入し、

 

 

 

事業主から配偶者の保険の負担をしてもいいか聞いて、その申込書に事業主のサインをしてもらいます。

 

 

 

会社によって違うかもしれませんが、会社に自分の配偶者の保険を適用させて欲しいという由の

 

 

 

書類を書いて会社に提出します。会社の会計士さんが処理してくれるんでしょうか。

 

 

 

またNFZに行き、ZUS ZCNAという申込書を窓口に提出します。

 

 

 

ただ役所の人が英語ができるとは限りません。ある程度意思疎通できるポーランド語学力が必要です。

 

 

 

その際、自分の滞在許可証か身分証明書も提示します。

 

 

 

配偶者の身分証明書も一緒に持って行った方がいいですね。

 

 

 

ものの数分で配偶者の保険証カードが出来上がります。

 

 

 

今ではコンピューターで個人番号が登録され

 

 

 

いろんなデータが役所内で共有されているのであっという間にカードが出来上がります。

 

 

 

役人によって対応がまちまちなので、よく情報を聞いてから行動してください。


スポンサードリンク


page top