海外の生活方法 ドイツの鉄道、地下鉄、トラムの乗り方や罰金について

ドイツの鉄道、地下鉄、トラムの乗り方や罰金について

ドイツの鉄道、地下鉄、トラムの乗り方や罰金について

ちょっと大きな町だとどこでも路面電車が走っています。

 

 

 

東京だともう昔の風物詩のような扱いですよね、路面電車は。

 

 

 

痒いところに届くように街中に走っている路面電車をトラムといいます。

 

 

 

なのでよく乗りました。チケット券売機はトラムの中や停留所にあります。

 

 

 

デュッセルドルフの中央駅の向かい側にチケットセンターがあるのでそこで定期券を購入しました。

 

 

 

ドイツ鉄道はドイチェバーンと言います。4人でまとめ買いや、

 

 

 

一日乗り放題のチケットがありますがチケットはちょっと値段が高った記憶があります。

 

 

 

日本の鉄道ように自動改札機や改札所がありません。無いからといって、そのまま電車に乗ってはいけません。

 

 

 

事前に切符を買って乗車しないと、コントローラーと呼ばれる車掌が来て切符を買っているかチェックしにきて、

 

 

 

もし切符が無いと罰金を取られます。40ユーロの罰金です。

 

 

 

切符を買った後は、ホームに行く前にオレンジ色の箱があるので、

 

 

 

そこで切符を通して、どの駅から出発したのか記録させます。それから電車に乗車します。

 

 

 

犬も電車に乗ることは出来ます。初め見たときはちょっとカルチャーショックでした。

 

 

 

この点は社会の認識、意識が進んでいるなあと感じました。

 

ドイツの鉄道、地下鉄、トラムの乗り方や罰金について

 

話を電車に戻して、地下鉄も主要な都市には走っています。

 

 

 

日本と違って気をつけなければいけないのは、同じホームにいろんな路線の電車が乗り入れてくることです。

 

 

 

例えば東京だと、丸の内線なら丸の内線の電車が走るホーム、有楽町線なら有楽町線の電車用のホームと決まっていますよね。

 

 

 

その線によってエスカレーターなどで移動しますが、ドイツだと同じホームにいろんな路線の電車が停まるので、

 

 

 

電光掲示板や時刻表をよく見ていないと、うっかり思っていたのと違う電車に乗って全く違う方向へ行ってしまうこともありえます。

 

 

 

観光旅行者と思われる日本人に地下鉄のホームで聞かれたことがあります。

 

 

 

私も初めは混乱したっけなあと入国した当時を思い返しました。


スポンサードリンク


page top