海外の生活方法 ドイツで住居の探し方と契約について 家具つき住居がおすすめ

ドイツで住居の探し方と契約について 家具つき住居がおすすめ

ドイツsparkasseで銀行口座の開設方法と口座維持費

海外生活をスタートさせるのにまず必要なのが住む場所です。

 

 

 

ドイツで働き始めた時は、会社に日本から来た人が一時的に宿泊できる部屋があったので

 

 

 

初めの1ヶ月くらいはそこで寝泊りしていましたが、いよいよ自分の住居を探さなければなりません。

 

 

 

住居探しはみな苦労するようです。

 

 

 

日本のような不動屋さんはありますが手数料はだいだい家賃2か月分とられます。

 

 

 

他に皆がやる方法としてネットの掲示板でもみつけることです。

 

 

 

掲示板でよく見かけるナッハミーターは現在の入居者が、

 

 

 

後継者を大家さんに勧めることではじめの保証金をスムーズに返還してもらうシステムです。

 

 

 

これから入居する人も不動屋さんに手数料を払わなくて済むというメリットがあります。

 

 

 

また運が良ければ前の人が使っていた家具をそのまま使うことが出来ます。

 

 

 

入居者募集で部屋を見学する際ツアーというのがあります。

 

 

 

同じ日に何人かの候補者が集まって見学し、入りたい場合後で大家さんや前入居者に連絡します。

 

 

 

抽選され後から知らせが来ます。ただ候補者はたいがいドイツ人です。

 

 

 

交渉したりするのである程度ドイツ語が出来ないといい物件が見つかってもなかなか抽選で選ばれることは難しいと思います。

 

 

 

あとは確実なのが人づて、知人に紹介してもらうことですね。

 

 

 

2回目の引越しの時は知人の紹介で入った物件だったのですが、条件も環境も良かったです。

 

 

 

注意しなければならないのは、契約書。サインは日本の判子と同じなので、サインする前にドイツ語がわかる人に見てもらうことですね。

 

 

 

はじめは家具付きの部屋をオススメします。ベットや洗濯機、キッチン用具をそろえるのは

 

 

 

かなりの費用がかかります。というのは、はじめキッチンさえない部屋がよくあります。

 

 

 

みんな自分で買って取り付けたりするようです。そして解約の際は取り付けたキッチンも取り除いたり処分しないと駄目です。

 

 

 

知り合いで引越したばかりなのにいろんな家具を買っている子がいましたが、職場があわず転職してしまいました。

 

 

 

そんな時はせっかく買った家具が台無しばかりか処分費用がものすごくかかります。

 

 

 

割高でも家具レンタル料と思えば安いものですね。

 

 

 

はじめは様子を見ながら言葉や現地の慣習、地理を覚え、それから自由に好きな住居を選んでも遅くはないと思います。

 

 

 

ドアはほとんどがオートロック式なので鍵の置忘れに注意してください。


スポンサードリンク


page top