海外の生活方法 ドイツsparkasseで銀行口座の開設方法と口座維持費

ドイツsparkasseで銀行口座の開設方法と口座維持費

ドイツsparkasseで銀行口座の開設方法と口座維持費

働いて生活していくのに必要なのは銀行口座の開設です。

 

ドイツで生活し始めた時、初めて開設した口座はsparkasseという金融機関で開設しました。

 

Sparkasseは利益の追求を重視するよりも個人の貯蓄を引き受けることを目的とする金融機関だそうです。

 

ATMがドイツ国内を網羅しているし、デュッセルドルフには日本人対応の日本デスクがあるのでsparkasseが初めは良いといわれたからです。

 

sparkasse口座の開設の方法

 

必要な書類は

 

パスポート
現住所を示すもの、
収入が入る証明(就職先が決まっているなど)でした。
カードの種類によって口座維持費ならび付利方法が変わります。インターネットバンキングの申し込みもできました。

 

 

 

日本の口座のように利用できるが通帳がなかったのは海外は違うんだなあと思いました。

 

 

 

自分自身でキャッシュカードを使ってATMで口座明細書を綴って保管します。。

 

 

 

四半期毎に清算され口座維持手数料がかかりそれに月額5,2ユーロの最低手数料額がかかりました。

 

 

 

今はどのような額かわからないので口座を開く際は確認してみてください。

 

 

 

Sparkasseに来た時も海外と日本は違うんだなあと感じました。

 

 

 

まず突然行ってもだめで、アポイントを事前にとらないと駄目です。

 

 

 

また日本だったら申込用紙にいろいろ書いてましたが、

 

 

 

sparkasseでは口頭で言うと対応する社員の人がその場でパソコンに情報を打ち込んでいました。


スポンサードリンク


page top