海外ポーランドで中古マンションを購入したい時、抵当権付住宅ローンを借りる手順

ポーランドで中古マンションを購入したい時、住宅ローンを借りる方法

海外ポーランドで中古マンションを購入したい時、抵当権付住宅ローンを借りる手順

ポーランドで住宅ローンを申請し借りたときの方法、手順を紹介します。住宅ローンは不動産購入価格の全額を借りれません。90%までです。10%は自分の口座に残した状態で、ローン審査が開始されます。

 

まずは、口座がある銀行へ行きます。私は、勿論お金持ちではないので、抵当権付住宅ローンで申し込みました。購入す予定の不動産を借金の担保にして借りるローンです。どのくらいの金額を借りたいか、いつごろ購入をめどにしているか、何年ローンにするか、一時的な失業などでローンを払えなくなったとき賄える保険がパックになっているローンにするか、など話します。毎月いくら払うかどうかシュミレーションを見せてくれます。
不動産の目処がついてから、申請書(Oświadczenie)に必要事項を記入、申請します。申請には購入希望の正確な不動産の住所が必要です。いつも銀行に行くときは、パスポートやIDカード(私の場合は滞在許可証)を持っていきました。
その際、収入証明書(zaświadczenia o zarobkach)を提出します。その際、配偶者も保証人としてサインが必要といわれましたので、その際に必要な書類(wniosek wraz z załącznikami)を提出します。
提出後、3週間だったでしょうか。ローン申請が通ったので、契約書のドラフトがメールで送られてきました。
アポイントの日を決めて銀行にいき、契約書にサインをします。
このとき、同時並行で、購入したい住宅のオーナーとUmowa przedwstępna sprzedaży という仮契約書を交わすなど、不動産の契約の話を進めています。その仮契約書を結んだ後、公証人による本契約書を作成します。その公証人には、銀行で交わした契約書を提示しなければなりません。なので、銀行で契約書を交わした後、公証人のところへ行く手順となります。
不動産の売買契約書を銀行に持っていって、住宅ローンを払ってくれるよう手続きを開始します。住宅ローンは直接、住宅のオーナーの口座へ支払われます。ローンを借りる人が、出来心で、使い込んで、トラブルを防ぐため、住宅ローン以外の目的で利用することを防ぐためです。

 

これで、オーナーに口座に入金されたか確認してもらい、鍵の受け渡しのアポイントをとります。


スポンサードリンク


page top