海外生活と生活費 海外で働いた時の確定申告の方法 ポーランドの場合、PITとは?

海外で働いた時の確定申告の方法 ポーランドの場合、PITとは?

海外で働いた時の確定申告の方法 ポーランドの場合、PITとは?

年金受給者もしなければなりません。税務署にたくさんの、おじいちゃん、おばあちゃんが並んでいました。

 

 

 

大きな会社になると、会社が代行してやってくれるのですが、中小企業だと、働いている人が個人で申告しに行かされるところが多いです。

 

 

 

ちょっとお金を払えば、代行してやってくれる人もいますが、いい経験になると思い、自分でやってみました。

 

 

 

1月下旬になると、会社からPITという書類を渡されます。これは、いくら税金を国に払ったかを計算して書面にした書類です。

 

 

 

また同じ時期にいくら社会保険を払ったかという書類が渡されます。後で使うので大事に保管しておきます。

 

 

 

途中で退社した人も、確定申告のために働いていた会社でのPITが必要なので、受取に来ていました。

 

 

 

私は給与所得の収入での申告なので、税務署の役人に聞いたら、PIT37という種類の申請書に記入して申告してくれといわれました。

 

 

 

他にも申請書の種類があります。結局、税務署に申告を無事に出来たのですが、

 

 

 

なぜできたかというと、今はPITのためのプログラムがありパソコンにインストールして数字を打ち込むと勝手に計算してくれるからです。

 

 

 

このプログラムは、ネット上でも無料で配布されていますし、新聞を買うと付録でついてきたりします。

 

 

 

そのプログラムを開いて、自分の名前やPESELという個人番号、配偶者の名前や住所、管轄の税務署を記入します。

 

 

 

次に収入といくら社会保険を払ったかを記入する欄があります。ここで会社から渡された書類を見て書かれている数字を記入していきます。

 

 

 

最期に控除された税金と多く支払っていた分の数字が出てきます。これが還元される税金ですね。

 

 

 

ここまでの数字の計算はコンピューターがやってくれるのでいいのですが、やはり基本的なポーランド語をわかっていないと難しいと思います。

 

 

 

なので語学は常に続けるか、他の人の協力が大事ですね。 税務署に、その申告書を持っていくと、銀行振り込みか郵便で送るか聞かれます。

 

 

 

これは還元される税金の送付方法です。銀行振り込みの方がいいという人は銀行口座のメモも一緒に持っていった方がいいですね。


スポンサードリンク


関連ページ

海外の生活費 ドイツ、デュッセルドルフの場合
ここではドイツのデュッセルドルフに住んでいた時の物価をお話します。2010年ごろのお話です。
ドイツで源泉徴収の還付の手続き 必要な書類は?
ドイツでも源泉徴収の還付金を受け取るため税務署に申告することができます。持参したものは雇用契約書、給与明細とパスポートです。給与明細を見せると、税理士さんはプロなので何のことで来たかわかります。なのでそんなに難しいドイツ語は必要ありませんでした。
海外のレストランでは水は有料。チップの目安は?
海外でレストランに入ると、以外にお金がかかってしまうと学びました。ある程度、お金に余裕がないとレストランに行けないですね。日本を出て海外のレストランに行くと、どこでも水にお金を払うようです。ようはミネラルウォーターを注文するのです。
海外でお金を借りる方法 ポーランドの場合
ポーランドの銀行でお金を借りた時の必要書類や方法をお話したいと思います。海外の銀行でお金を借りられるとは、10年前の私には想像もできませんでした。