海外生活と生活費 海外のレストランでは水は有料。チップの目安は?

海外のレストランでは水は有料。チップの目安は?

海外のレストランでは水は有料。チップの目安は?

海外でレストランに入ると、以外にお金がかかってしまうと学びました。ある程度、お金に余裕がないとレストランに行けないですね。

 

 

 

日本のように定食屋のような気軽に行けるお店もあります。

 

 

 

国や地域によって定食屋のような店がたくさんあるところや、レストランだけのところなど、海外といっても一概にいえませんが。

 

 

 

アジアの屋台の雰囲気や激安な値段は若い頃は魅力的でしたね。ここではレストランについてお話します。

 

 

 

まずは日本では当たり前のように出てくるお水。無料の場合のレストランが多いでしょうか。

 

 

 

ちょっとしたおしゃれなレストランや高級レストランでは水をお金を払って飲むシステムになっているでしょうか。

 

 

 

日本を出て海外のレストランに行くと、どこでも水にお金を払うようです。

 

 

 

ようはミネラルウォーターを注文するのです。そして日本のレストランではほとんど見られないチップ制度。

 

 

 

会計にいくらか上乗せしてレストランのサービスをしてくれた人にチップを払います。

 

 

 

そのチップをあとで従業員同士で山分けしたり、

 

 

 

または担当しているエリアのウェイターがもらったチップをそのままポケットに入れるシステムです。

 

 

 

チップはだいたい会計額の10%が目安でしょうか。あくまでも目安なのでキリがよいところで多く支払ったり、

 

 

 

サービスに納得がいかなかったら、少なく払うのもアリでしょう。

 

 

 

私は飲食業で働かしてもらっているのでわかるのですが、給料は他の業種より低く設定されているなあと思います。

 

 

 

なのでレストランの従業員はチップに期待せざるをえないです。

 

 

 

海外のレストランに行くと飲み物代も払わないといけないし、チップも払わないといけないし、

 

 

 

なのでお店の前にあるメニュー表の値段だけ見て支払額を予想しない方がいいです。その会計額よりいくらか多めに払う心積もりで。

 

 

 

あと海外のレストラン、特にヨーロッパでよく見るのですが、レストランの外の席に座って食べていると、

 

 

 

よくギターを持った弾き語りがやって来て近くで歌を歌い始めます。

 

 

 

歌声を聞かせるというよりも、やかましさを強調しています。なぜならお金を渡すと、去っていくからです。

 

 

 

お金を渡す必要は無いですし、嫌なら無視していればいいです。

 

 

 

他にも花を売りに来たり、タバコを催促しに来たり、直接お金を催促したりする輩がいます。

 

 

 

初めは海外にレストランに来たんだなあと、カルチャーショックよりも物珍しさが先立った感情がありましたが、

 

 

 

今ではうっとおしく感じます。


スポンサードリンク


関連ページ

海外の生活費 ドイツ、デュッセルドルフの場合
ここではドイツのデュッセルドルフに住んでいた時の物価をお話します。2010年ごろのお話です。
ドイツで源泉徴収の還付の手続き 必要な書類は?
ドイツでも源泉徴収の還付金を受け取るため税務署に申告することができます。持参したものは雇用契約書、給与明細とパスポートです。給与明細を見せると、税理士さんはプロなので何のことで来たかわかります。なのでそんなに難しいドイツ語は必要ありませんでした。
海外でお金を借りる方法 ポーランドの場合
ポーランドの銀行でお金を借りた時の必要書類や方法をお話したいと思います。海外の銀行でお金を借りられるとは、10年前の私には想像もできませんでした。
海外で働いた時の確定申告の方法 ポーランドの場合、PITとは?
年度末は税務署に確定申告をするシーズン。海外でも同じく確定申告があります。ここではポーランドの場合を紹介します。会社で働いて給料が発生する場合、または自営業で収入を得る場合、投資で収入を得る場合、など収入がある場合は確定申告をしなければなりません。日本と違うのは、収入のある全ての人が確定申告しないと罰則があるということです。