海外の生活費 ドイツ、デュッセルドルフの場合

海外の生活費 ドイツ、デュッセルドルフの場合

海外の生活費 ドイツ、デュッセルドルフの場合

海外で生活しようと夢に描く時、まずは気になる生活費。住む国によって、同じくにでも地域によって物価が違うので、海外と一括りに出来ないです。ドイツとポーランドでも同じEU加盟国ですが、通貨が違いますし、物価も差があります。ここではドイツのデュッセルドルフに住んでいた時の物価をお話します。2010年ごろのお話です。

 

 

 

家賃

 

家賃も住む地域や、部屋の間取りによって様々です。入居当初からキッチンも無く家具も無い、すっからかんの部屋なら月200ユーロの部屋もありますが、周りの治安も悪く、生活のスタートが大変なので、初めはおススメしません。

 

私が初めて住んだアパートは、デュッセルドルフの中心街、日本人通りといわれるインマーマン通りから歩いて2分くらいのところです。そこは家具つきで初めからキッチンもベットも収納ダンスもあって、ユニットバスつきのワンルームで月390ユーロでした。

 

次は、オーバーカッセルという地域に引越しました。日本人駐在員も多い、閑静で環境が良いので地価が高いです。そこは同じくワンルームで月500ユーロでした。

 

 

電気代

 

電気代は自分で会社を選ぶことが出来ます。なのでデュッセルドルフをよく知る人から見ると高い電気代を払っているなあと思われるかもしれません。初めの住まいでは月41ユーロでした。 

 

2回目の住居では電気会社が変わって月57ユーロでした。

 

ドイツでは1年に一回電気代を清算して、払いすぎていると返却してくれます。しかもすぐに銀行に振り込まれます。金払いはきっちりしているんだなあと感心しました。

 

 

 

コインランドリー
海外の生活費 ドイツ、デュッセルドルフの場合

 

初めの住居のときは、洗濯をしたいときはコインランドリーに行っていました。市内の中にあるので、高かったです。足元見ているなあ。一回につき4ユーロかかりました。

 

ところで洗濯物は道路側の窓に干してはいけないようです。浴室や室内で乾かします。日本では考えられないけど、あっという間に乾きます。日本だと室内で乾かしたら、臭いが残りますよね。臭いも全く無いのが驚きです。

 

タクシー

 

海外の生活費 ドイツ、デュッセルドルフの場合

 

タクシーもデュッセルドルフで試しに乗ってみました。駅のタクシー乗り場に行きました。その当時は初乗り5,5ユーロでした。ベンツのタクシーも結構走っています。ベンツに乗れたのは心地よかったです。

 

格安スーパーマーケット

 

ドイツにも全国チェーンのスーパーマーケットが数社あります。ちょっと驚いたのはビールの安さ。500mlペットボトルのビールが1ユーロ代で売られています。でも不味いです。キンキンに冷やして何とか飲めるくらい。ぬるくなってしまうと、ホントに車酔いしたような胸焼けが襲ってきます。

 

スーパーに設置してあるのが、ペットボトルや空き瓶の回収機です。ペットボトルは捨てないでその機械に入れると領収書が出てきて、それをレジに持っていくとお金をもらえます。つまりビールやジュースを買ったとき、ペットボトル代、瓶代が加算されて請求されています。瓶を返却すると預かり金を返すというリサイクルのしくみです。預かり金をドイツ語でPfandといいます。よくホームレスの酔っ払いが瓶を集めて小銭を貰っていました。

 

 

キオスク

 

ヨーロッパでコンビニのような雑貨店といえばキオスクです。日本のように24時間営業ではありません。一部、駅のちかくにあるキオスクは24時間営業です。ただスーパーに比べて高いです。コカコーラもスーパーで買うのとキオスクで買うのではものすごく価格に開きがあります。コーラ500mlとビール500mlだとビールの方が安いです。発泡酒じゃなくてアルコール5%ほどのビールですよ!

 

ビール
海外の生活費 ドイツ、デュッセルドルフの場合

 

ドイツにきたならやっぱりビール。仕事の後のビールは美味いです。しかも安い!ドイツには各地に自家製のビールを生産しているところが何箇所もあって、そこに居酒屋も併設してあってすぐに美味しいビールを飲むことが出来ます。だいたい200mlで1,6ユーロでした。

 

デュッセルドルフの地ビールは赤黒いビールで少し苦さが口に残る味わいです。アルトといいます。普通によく見る黄色いビールをピルスと言います。好みによって、どちらがいいか店員に頼んでみましょう。

 

自家製ビールを造っているところの居酒屋は、どんどんビールのおかわりを黙って持ってきます。もう十分と思ったときは、コップの上にコースターを置きます。そうじゃないと空のコップを見つけたときは、店員がソッコーでビールを机に置いていきます。


スポンサードリンク


関連ページ

ドイツで源泉徴収の還付の手続き 必要な書類は?
ドイツでも源泉徴収の還付金を受け取るため税務署に申告することができます。持参したものは雇用契約書、給与明細とパスポートです。給与明細を見せると、税理士さんはプロなので何のことで来たかわかります。なのでそんなに難しいドイツ語は必要ありませんでした。
海外のレストランでは水は有料。チップの目安は?
海外でレストランに入ると、以外にお金がかかってしまうと学びました。ある程度、お金に余裕がないとレストランに行けないですね。日本を出て海外のレストランに行くと、どこでも水にお金を払うようです。ようはミネラルウォーターを注文するのです。
海外でお金を借りる方法 ポーランドの場合
ポーランドの銀行でお金を借りた時の必要書類や方法をお話したいと思います。海外の銀行でお金を借りられるとは、10年前の私には想像もできませんでした。
海外で働いた時の確定申告の方法 ポーランドの場合、PITとは?
年度末は税務署に確定申告をするシーズン。海外でも同じく確定申告があります。ここではポーランドの場合を紹介します。会社で働いて給料が発生する場合、または自営業で収入を得る場合、投資で収入を得る場合、など収入がある場合は確定申告をしなければなりません。日本と違うのは、収入のある全ての人が確定申告しないと罰則があるということです。