海外生活 海外に滞在するための方法とは?留学?就労?ワーホリ?結婚?

海外に滞在するための方法とは?留学?就労?ワーホリ?結婚?

海外に滞在するための方法とは?留学?就労?ワーホリ?結婚?

海外で働くということは、当たり前のことですが、貴方は外国人の扱いになります。

 

 

 

外国人なので勝手にその国に長く住むことはできません。

 

 

 

なので長く住む方法にはいくつかありますが、そのためにその国に何かメリットが無ければ長く住んでも良いという許可はおりません。

 

 

 

海外に長期滞在する方法はいくつかあります。

 

 

 

ワーキングホリデーを使ったり、学生として研修生として滞在許可を申請する方法、

 

 

 

投資家として滞在する方法、その国の人と結婚する方法、そして労働のためなど。

 

 

 

学生や研修生として外国に滞在するのは比較的簡単に取れる許可証です。なぜならお客様だからです。

 

 

 

学校に多額の入学金、学費を払うのですからその国にとってはメリットです。

 

 

 

投資家は資本金がどこの国もだいたい1000万円以上が相場のようですね。

 

 

 

つまり、それくらいのお金がその国に持ち込まれるメリットがありますよね。

 

 

 

その国の人と結婚する方法は、相手と同等の人権が与えられます。

 

 

 

ただお相手の人の国が豊かな国であればある程、偽装結婚の可能性の疑いが出てくるので、

 

 

 

滞在許可を得るには手続きの上で、いろんなハードルを乗り越えなければなりません。

 

 

 

そして労働の許可についてですが、

 

 

 

働いてその国に税金や年金、保険料を納めるのですからメリットがありますよね。

 

 

 

海外に住むといっても厳しい現実が待っています。

 

 

 

常に働いて何らかの対価をその国に提供しないと滞在の許可をくれません。

 

 

 

楽に生きたいなら日本の方が良いと思います。便利ですし、治安が良いですし。(^-^)

 

 

 

ここで就労ビザについてのお話です。

 

 

 

私はドイツやポーランドでしか働いたことが無いので、EUのルールについてしかわかりませんが、

 

 

 

日本人がEUの加盟国で働いて生活しようと申請する場合、一定の条件がある様です。

 

 

 

この条件についてはまた他の記事で言いたいと思います。


スポンサードリンク


page top