海外生活 海外で働きはじめた私の理由とは?

海外で働きはじめた私の理由とは?海外に来る前はどんな生活?

海外で働きはじめた私の理由とは?

正直に言うと海外で生活し始めたきっかけ、理由とは日本から逃げたいということだったかもしれません。

 

 

 

日本が嫌になったとか、日本の将来に不安を感じてとか、自分の器は日本におさまらない、、、なんて大きな理由ではありません。

 

 

 

日本のせいで、、、という大きなものではなく単純に自分の将来がにっちもさっちも行かなく感じてしまったからです。

 

 

 

初めて海外で生活し始めたのは、ドイツでした。それまでは勿論海外旅行はしたことはありましたが、せいぜい長くて1週間でした。

 

 

 

しかもヨーロッパはそれまで一度も行ったことがありませんでした。

 

 

 

長期間海外で暮らしていけるのだろうか?言葉とかどうするんだろう?住むところとかどうするんだろう。

 

 

 

そんな不安よりも若干、頭の中がお花畑だった私は、ワクワク感のほうが上回っていました。

 

 

 

それまでの日本での仕事は自営業が大半を占めていましたが、

 

 

 

自営業のほうは上手くいかず、自分のビジネスをたたんで、借金を返すためアルバイト三昧の日々。

 

 

 

これでは駄目だともう一度就職しようと就職活動をするも、年齢がアラサーの私には声がかかるわけも無いです。

 

 

 

なのでアルバイトや派遣の仕事を見つける生活を続けます。海外に出る直前まで転々と職を変えフリーター生活をしていました。

 

 

 

20代前半に思い描いていた人生とはかけ離れた生活に嫌気が差し、海外生活というのに憧れに目が向かって行ったと思います。

 

 

 

今思えば、憧れというよりも逃げに近いでしょう。

 

 

 

次の仕事先を探していた時、海外の求人があるのをネット上で見つけたので、ダメ元で応募していました。

 

 

 

なにせビジネス英語もできるわけでなく、立派な職歴があるわけでもありませんでした。自信なんてありません。

 

 

 

そんな時ドイツの日本食レストランから声がかかり、海外に出る(逃げる?)私の決意の後押しをしてくれたのです。

 

 

 

これから将来どうなるかわかりませんが、

 

 

 

今振り返ってみると逃げるという後ろめたい選択肢も良かったかなと思えるようになって来ました。


スポンサードリンク


page top